エコプロ2017 環境とエネルギーの未来展 2017年12月7日(木)~9日(土)10:00~17:00 東京ビッグサイト 東ホール(エプソンブース:東5ホール 小間番号5-033)

エプソンは、アジアを代表する環境・エネルギーの総合展示会である「エコプロ2017」に出展します。 人類にとって、普遍的なコミュニケーション媒体である「紙」に関係する製品をお届けしているエプソンは、

  • 省エネ・省資源に配慮した、最新のインクジェットプリンター
  • 使用済みの紙を新たな紙として生産する、乾式のオフィス製紙機「PaperLab A-8000」

を展示し、その優れた環境性能をご体感いただきます。ぜひエプソンブースへお立ち寄りください。

開催概要

名称 エコプロ2017
会期 2017年12月7日(木)~12月9日(土) 10:00~17:00
会場 東京ビッグサイト 東ホール
エプソンブース:東5ホール 小間番号5-033
入場料 無料(登録制)
主催 (一社)産業環境管理協会、日本経済新聞社
公式ホームページ http://eco-pro.com/2017/

出展内容


あらゆるオフィスに応えるために、新たな進化を。

エプソンのスマートチャージ

100枚/分※1(A4横片面印刷)という高生産性を維持しながら320W(LX-10000Fシリーズ)以下という消費電力を実現した、ラインヘッド搭載インクジェットプリンターをはじめ、選べる機種と選べるプランをご用意しています。

※1●測定基準:ISO/IEC24734●測定データおよび測定条件につきましては、エプソンのホームページをご確認ください。
高温環境下でご使用時ならびに両面印刷時および両面複写時、画質維持のため印刷速度が一時的に低下する場合があります。

ケタ違い大容量、エコタンク方式。

エコタンク搭載モデル

インクジェットプリンターに大容量インクタンクを搭載することにより、「インクがしょっちゅう切れる」などのストレスを解決します。環境面でも、カートリッジ方式のインクジェットプリンターと比べ消耗品のCO2排出量を低減します。

紙の未来を変える、乾式オフィス製紙機

PaperLab

使用済の紙(一般コピー用紙(A4・A3)を原料として使用できます)を原料とし、文書情報を完全に抹消した上で、新たな紙を生産。貴重な資源である水を大量に使うことなく(機器内の湿度を保つために少量の水を使用)、紙を作ります。

出展製品


主な展示製品