ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 FWD883TL_DF24H2.exe 22,878,200バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ファームウェア
ソフトウェア名称 ファームウェア
ソフトウェアID 23903
Ver/Rev DF24H2
公開日 2017年3月10日
対応OS Windows 10 32bit版 / Windows 10 64bit版 / Windows 8 32bit版 / Windows 8.1 32bit版 / Windows 8 64bit版 / Windows 8.1 64bit版 / Windows 7 32bit版 / Windows 7 64bit版 / Windows Vista 32bit版 / Windows Vista 64bit版 / Windows XP / Windows XP x64 Edition / Windows Server 2016 / Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2 / Windows Server 2008(32ビット環境用) / Windows Server 2008(64ビット環境用) / Windows Server 2008 R2(64ビット環境用) / Windows Server 2003 / Windows Server 2003 x64 Edition
製品型番 PX-M860F
作成方法 自己解凍
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
注意・制限事項
【ソフト紹介】
  最新のファームウェアにアップデートすることができます。


【ファームウェアのアップデート方法】
  XP の場合は、exeファイルをダブルクリックで実行。
  実行後は画面の指示に従ってください。

  Vista/7/8の場合は、
  1.管理者権限でログインします。
  2.exeファイルを右クリックし「管理者として実行」をクリック
  3.「ユーザーアカウント制御」画面で「許可」をクリックし実行。
    実行後は画面の指示に従ってください。


(注意点)
Epson Download Navigator及びドライバー自動更新、
ソフトウエアアップデートなどを経由して、プリンターの
ファームウェアをアップデートされている場合、
本ダウンロードサイトに掲載のファームウェアよりも、
新しいバージョンがインストールされる事があります。

このようなケースで、本ダウンロードサイトに掲載の
ファームウェアをプリンターにインストールしようとしても、
ファームウェアをアップデートする必要がないため、
エラーになります。予めご了承ください。
変更点
・ファクス送受信中に送信ジョブが止まってしまう場合がある点を修正しました。
・無線LAN基板の脆弱性への対応を実施しました。
・IPv6を使用してシンプルAPモードで接続した際、WSD印刷が完了しても印刷スプーラにジョブが数分間残る件を修正しました。
・印刷ジョブ実行中にネットワークケーブルを抜き差しすると、電源をOFFできなくなる件を修正しました。
・Epson iPrintの接続設定の繰り返しでフェータルエラーが発生する場合がある点を修正しました。
・プロキシサーバーとの接続に失敗した場合にフェータルエラーが発生する点を修正しました。
・ネットワークステータスシートの印刷に失敗すると、電源オフができななくなる件を修正しました。
・特定のアクセスポイントでWi-Fi接続が切断する点に対応しました。
・Web Configの「ネットワーク基本」画面に表示される、『DNSホスト名の取得状態』および、『DNSドメインの取得状態』の項目を非表示に変更しました。
・Googleクラウドプリント(SSL/TLS接続時)のSNI(Server Name Indication)に対応しました。
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
DF24H2 2017年3月10日
・ファクス送受信中に送信ジョブが止まってしまう場合がある点を修正しました。
・無線LAN基板の脆弱性への対応を実施しました。
・IPv6を使用してシンプルAPモードで接続した際、WSD印刷が完了しても印刷スプーラにジョブが数分間残る件を修正しました。
・印刷ジョブ実行中にネットワークケーブルを抜き差しすると、電源をOFFできなくなる件を修正しました。
・Epson iPrintの接続設定の繰り返しでフェータルエラーが発生する場合がある点を修正しました。
・プロキシサーバーとの接続に失敗した場合にフェータルエラーが発生する点を修正しました。
・ネットワークステータスシートの印刷に失敗すると、電源オフができななくなる件を修正しました。
・特定のアクセスポイントでWi-Fi接続が切断する点に対応しました。
・Web Configの「ネットワーク基本」画面に表示される、『DNSホスト名の取得状態』および、『DNSドメインの取得状態』の項目を非表示に変更しました。
・Googleクラウドプリント(SSL/TLS接続時)のSNI(Server Name Indication)に対応しました。
DF20H2 2017年2月21日
・封筒印刷で「印刷中です」のままとなり、印刷されない点を修正しました。
DF11H1 2017年1月25日
・プリントヘッドの信頼性向上のため、制御信号を変更しました。
DF31GA 2016年12月14日
・機内への紙片残りやプリントヘッドへのダメージ軽減の
 ため、紙詰り発生時に早期に駆動を停止するシーケンス
 に変更しました。

・「印刷こすれを軽減する」または「こすれ軽減」オンの
 設定で、プリンター本体にセットされた用紙サイズと
 異なる用紙サイズで両面印刷を実施した場合、紙詰り
 エラーが発生する点を修正しました。
DF27G7 2016年8月8日
・ファクス送信時にハングアップする点を修正しました。
DF14G6 2016年8月8日
・バーコードモードに対応しました。

・FAX Utility(PC-FAX)受信できなくなる場合がある点
 を修正しました。

・特定の用紙サイズで後端にキズが付く場合がある点を
 修正しました。

・特定の用紙サイズで斜めに給紙される場合がある点を
 修正しました。

・ヘッドクリーニング変更により、ノズル目詰まり回復性を
 改善しました。

・プリントヘッドノズル面に付着した紙粉を除去する動作を
 追加しました。
DF15G4 2016年5月9日
・PC-FAX使用時にFax Utility上に不明なエラーが発生する
 場合がある点を修正しました。
・メールサーバーとのSMTP認証に失敗し、スキャンtoメール、
 ファクスtoメールを実行できない場合がある点を修正しました。
・Fax送信中に音量設定を変更すると、プリンターがハングアップ
 する場合がある点を修正しました。
・プリントヘッド保護のため制御信号を変更しました。
・インクが少ないときのプリントヘッドクリーニングを改善
 しました。
DF24G2 2016年3月28日
・低温環境下でシステムエラー状態となり、操作不可になる場合が
 ある点を修正しました。

・前面手差し給紙から小サイズ用紙を印刷時に、傾く場合がある点
 を修正しました。

・A6サイズの普通紙を印刷すると、用紙後端で傾く場合がある点を
 修正しました。

・両面印刷時に、裏面の用紙端が折れる場合がある点を修正
 しました。

・Epson Device Admin から設定変更後、プリンターの電源が
 落ちる場合がある点を修正しました。

・インクカートリッジ認識時に通信エラーが発生する場合でも、
 エラーが現れず操作不可になる場合がある点を修正しました。

・スリープモードへの移行とWebConfigによるアクセスが重なった
 場合、スリープモードから復帰できない場合がある点を修正
 しました。

 ・初期充填前にインク認識エラーが発生する場合がある点を修正
 しました。
DF08FA 2015年12月4日
・プリンターの有線LAN設定を有効にした状態で、LANケーブルを
 接続しない場合に、Simple APを使用したWSD接続に失敗する件を
 修正しました。

・iPrint印刷において給紙装置不一致エラーが表示される件を
 修正しました。
DF17F7 2015年8月7日
・ファクス送受信時のデータランプ点滅のタイミングを
 以下のよう変更しました。
 【送信時】
  送信データスキャン中 ⇒ 点滅
  通信中 ⇒ 消灯
 【受信時】
  通信中 ⇒ 消灯
  受信文書印刷中 ⇒ 点滅
 ※通信中は、パネルのアイコンが点灯します。
・ファクス送信時の発信元情報を送信文書に入れる位置、
 または入れずに送信するかを選択できるようにしました。
・ファクス受信時、1ページ目を受信した時点で印刷を
 開始する設定を選択できるようにしました。
・ファクス送信時、通信スピード33.6kbps(スーパーG3)で
 失敗した場合、リダイヤル時は、14.4kbps(G3)で送信を行う
 動作に変更しました。
・PC-Fax送信中でも、操作パネルからファクス送信の操作が
 できるようにしました。
・ファクスリモート受信時の起動コードを数字に設定した場合、
 発信する電話番号に起動コードと同じ配列の番号があると、
 発信ができない件を修正しました。
・ファクスをダイレクト送信する際、送信先との接続が確立した
 直後にキャンセルすると、動作が停止する件を修正しました。
・印刷動作中のエラー表示で「後で」を選択した場合、無操作の時間が
 1分経過すると、再度エラーを表示し、中断中のジョブがあることを
 通知するようにしました。
・封筒、ハガキにロゴマークなどが印刷されている場合、
 正常に印刷できない件を修正しました。
・ヘッドクリーニングや紙送り調整を実施しても、スジが軽減されない
 場合に、紙送り量を微調整する機能を追加しました。
 (パネルから「セットアップ」-「メンテナンス」-「横スジ軽減」
  を選択)
  • 1つ前に戻る