企業情報

経営者メッセージ

社長碓井

私たちエプソンは、1942年の創業以来培ってきたエプソンのDNAである「省・小・精の技術」をベースに、革新的な製品・サービスにより、世界中のお客様に、お客様の期待を超え感動していただくため、すなわち「Exceed Your Vision」を実現し、「世の中になくてはならない会社」になるために、創造と挑戦を重ねてまいりました。

そして2016年度から、10年後のエプソンがありたい姿と向かうべき方向を示した長期ビジョン Epson 25実現のための取り組みを始めました。エプソンは、これまで築き上げてきた事業基盤を生かしてさらに飛躍し、「省・小・精の価値で、人やモノと情報がつながる新しい時代を創造する」会社へと変わっていきます。

今後、情報通信技術の進展により、あらゆる情報がインターネット上でつながるようになり、いわゆるサイバー空間はますます増大していきます。その結果、リアル世界にいるビジネス分野や消費者のお客様にとっては、このサイバー空間との接点となる製品がさらに重要となります。

このようなマクロトレンドを捉えエプソンは、リアル世界で実体のある究極のものづくり企業として、コア技術で実現する独創の製品・サービスを基に、「省・小・精の価値」をご提供していきます。つまり、お客様の無駄、手間、時間、コストを徹底的に省いたり、お客様の業務プロセスも含めて環境への負荷を劇的に低減したり、お客様の生産性、正確さ、創造性といったパフォーマンスを大幅に向上させるお手伝いをしてまいります。

エプソンは、この「省・小・精の価値」をご提供することで、4つのイノベーションを起こし世界を変えていきます。オフィスや産業などのあらゆるプリントを環境性能の高いインクジェットで行い、さらには乾式製紙機によりオフィス内での紙再生も実現する「インクジェットイノベーション」。映像でコミュニケーションを革新する「ビジュアルイノベーション」、着ける・使う喜びをご提供する「ウエアラブルイノベーション」、ロボットが人々を支える未来を実現する「ロボティクスイノベーション」。これらの取り組みによって、人々を単純作業や時間とエネルギーの浪費から解放し、お客様がクリエーティブな知の生産性を高めたり、健康で安心な生活を楽しんだりすることのできる、持続可能で豊かな社会をつくり出していきます。

私たちは、今までにない新しい価値を創造し続けるという志を実現する最良の方法として、エプソン流の垂直統合型ビジネスモデルを創り上げてきました。エプソンは、インクジェットプリントヘッドや、プロジェクターの光学エンジン、半導体・水晶デバイスなど、強みや優位性を持った独創のコアデバイスを、自ら開発し量産しています。このコアデバイスの特徴を熟知しているからこそ、自ら特長のある強い製品を企画・設計し、ものづくりの力を駆使して自らの手で完成品まで生産することで、お客様の期待を超える価値ある製品・サービスを、タイムリーにお届けすることができるのです。私たちはこのビジネスモデルにより、強い覚悟を持って4つのイノベーションを実現していきます。

Epson 25においては、「人財」、「技術」、「生産」、「販売」、「環境」という事業基盤を強化し、ITも大いに活用して、この独自のビジネスモデルを進化させていくことで、ビジョンの実現に向けた取り組みを着実に進め、世の中に「なくてはならない会社」として、人やモノと情報がつながる新しい時代を創造していきます。エプソンの今後の歩みにご期待いただくとともに、より一層のご支援をお願い申し上げます。

代表取締役社長 碓井稔