CSR・環境

人づくり

人材開発

人材開発の考え方

エプソンは、「人材」をかけがえのない経営資源として位置付け、自己実現の夢をもった社員を支援し、エプソングループを人で結び、支え、育てることをうたった「人材開発方針」を1996年に制定し、人材開発・教育を実施しています。社員一人ひとりがエプソンというチームの一員として自分の役割や期待を理解して課題に挑戦し、仕事を通じて成長できるよう、また、一人ひとりが期待される役割を果たせるように、チーム内コミュニケーションの質の向上、および問題解決・課題達成のための思考力の向上につながる教育研修を実施しています。

当社では、課長職に任用する前には「マネジメント実践コース」の受講を必須とし、管理職層に必要な「ビジネス軸」および「行動軸」での役割を理解し、要件を身につけます。「ビジネス軸」は経営戦略の目的を正しく理解し、社内外の環境変化に迅速、柔軟かつ適切に対応するスキルの研修であり、「行動軸」は戦略実現のために果たすべき役割を組織や個人に展開し、適材を配置することで、所属メンバーを育成し成長を支援するスキルの研修です。

また、新入社員・若手社員(C等級)・主任などの各階層別集合研修、および各種公募型研修では、将来、管理職層の役割を担える人材となれるよう、連続性のある内容の研修を実施しています。

人材開発方針

管理職層の新人事制度の全体イメージ

Off-JT(Off the Job Training)で得た知識を、OJT(On the Job Training)で実践し身につける

エプソンの人材育成の特長は、新入社員から管理職層に至るまで、それぞれのキャリアの節目で実施される階層別集合研修で得た知識を、その後のOJTで確実に修得させていることです。

階層別集合研修の後、新入社員であれば1年間、その他の研修であれば3カ月間を実践フォロー期間と位置付け、研修での学びを踏まえた行動計画を作成し、上司によるOJTのもとで実践することで、実際の仕事に活用できる能力・技能に高めています。

また、エプソンではすでに30年以上の長きにわたって「目標管理」制度を運用しています。上司と職場のメンバーが合意と納得のもとに目標を設定し、達成をフォローし、成果を振り返って、次期にはさらに高い目標に挑戦するサイクルを繰り返しています。この「目標管理」制度はOJTによる人材育成そのものであり、人材が成長することで組織・会社も発展するWin-Winの関係を築くサイクルなのです。

教育研修体系(国内)

主な教育活動

国内外のリーダー層を対象とした研修

管理職・海外赴任者向けの「マネジメント実践コース」の他に選抜型研修としてF1、F2、F3研修を実施しています。「F1研修」は次期役員候補が同レベルの候補者とともに経営者になるためのスキルを習得します。「F2研修」は部長・課長を対象に、次期事業責任者を担える人材となるための実践スキルを習得し、「F3研修」は、ビジネスの初歩を学び実際に事業提案する実戦形式の研修です。これらを通じて、グループ会社を含めた次世代リーダー育成が行われています。

グローバル・インキュベーション・セミナー(GIS)

「グローバル・インキュベーション・セミナー(GIS)」はグローバルリーダーの育成を目的として、世界各国・地域の次世代リーダー層を対象に、エプソンのビジョンとバリューを共有し、各自の組織でそれらを実践できる力を養う研修プログラムです。1999年から330人余りのメンバーがこの研修に参加しています。

2016年度については、2017年2月20日から5日間、海外現地法人17社に、国内の社員を加えた合計24人が参加して、「グローバル・インキュベーション・セミナー(GIS)2016」を本社事業所で開催しました。参加者からは、経営層との直接的なコミュニケーションによる経営ビジョンのより深い理解や、幅広い地域のメンバーとの討議による新たな意見や考え方に接することなどができ、常に有意義な研修だったなどのコメントが挙げられています。

今後もこうした研修を継続的に実施することで、多様な人材がさらに能力を伸ばし、各地域で次世代のエプソンを支える原動力になることを目指します。

GIS2016参加者の感想

エプソン流の垂直統合型ビジネスモデルを実現するには、どの役割で働いていようとも、全てのグループ社員がお客様第一の考えと密接なコミュニケーションによる組織力の最大化が求められていることが理解できました。この研修での経験は、私にとって大きな財産になります。同僚や部下との日々のコミュニケーションを通じて、今回の学びを自分の組織へ伝えていきます。

Epson (China) Co., Ltd. Printing & Scanning Marketing Div. Director
Chai Jingchen

(左)Chai Jingchen
(右)セイコーエプソン株式会社 社長 碓井 稔

過去の参加者の感想

エプソンという会社をより強い企業にするために、世界中から管理職のメンバーが集まり、お互いの連携を深め、目指す方向性を一致させるということは非常に有意義です。

この研修はエプソンのさまざまな地域、会社、職種のメンバーが集う価値あるプラットホームだと思います。エプソンの歴史はもちろんのこと、自社の価値観やビジョン、将来像を学ぶことができ、それらのあるべき姿に向けてエプソングループの一人のリーダーとして、どう考え、行動すべきかを学ぶ機会になりました。また、ここで得たことを実践すべく、所属職場に戻ってから、「Epson Day」というイベントを全員参加で行い、会社の目指す方向や社員への期待を共有することができました。これから参加するメンバーに対して、決して現状に満足することのないように広い視野で見聞を広げてほしいと思います。

Epson Singapore Pte.Ltd. Business & Marketing Support Division. Division Head
Alvin Tan (2013年参加)

グローバル・エグゼクティブ・セミナー(GES)

2017年度からは、各海外現地法人の経営層の一層の充実・強化を図るため、「グローバル・エグゼクティブ・セミナー(GES)」を立ち上げています。将来の見通しの立ちにくい経営環境の中で、エプソン全体でいかにして中長期の事業目標を実現していくか、各社および自身が果たすべき役割は何か、どう変革を進めていくかなど、戦略や課題を考え、リーダーシップを発揮できる経営層を育てる研修です。本セミナーは3日間の集合研修(セッション1)を実施したのち、1年間の実践行動期間を経て、1年後に実践行動の成果を2日間の集合研修(セッション2)で報告する構成となっています。

開講初年度の2017年は5月24日から3日間、海外現地法人5社に、国内の社員を加えた合計7人が参加して、「グローバル・エグゼクティブ・セミナー(GES)2017-18 セッション1」を本社事業所で開催しました。この7人は2018年に「GES2017-18 セッション2」に参加する予定です。引き続き2018年以降もこのセミナーを継続して実施していく予定です。

新入社員教育

エプソンは、入社後の1年間を仕事に対する基本姿勢および仕事の進め方を習得するための教育期間と位置付けています。

入社後3週間は、以下の習得を目的に、国内グループ会社の新入社員を本社に集め集合研修を行っています。

  • エプソン社員に期待される行動を理解し、実践する。
  • 「省・小・精の技術」の基礎であるものづくりの心構えと態度を学ぶ。
  • チームで協力して活動することの大切さを実感する。

具体的には、エプソン社員の行動のよりどころである「エプソン社員行動規範」を理解するための講義、「ものづくり実践研修」での実践訓練などを行います。また、研修期間を通して行われるグループ活動を通じて、チームで働くことの大切さや楽しさを学びます。

集合研修終了後は、配属先の育成リーダーのもと、職場でのOJTを通して仕事の進め方を学びます。育成リーダーには主に入社2、3年目の社員が選ばれ、個々の新人に合わせた育成計画シートを作成し、1年間、二人三脚で独り立ちをサポートします。これにより新人だけでなく育成リーダー自身の成長も期待されています。

「新入社員」の肩書が外れる直前の翌年3月には、「フォローアップ研修」として再度集合研修を行い、お互いの成長を確認し合います。1年間を振り返りビジネスパーソンとしての基礎をより確実なものとし、一層の成長と貢献に向けた2年目以降の行動計画を考えます。

実習を通して、お客様満足について考える

「お客様の期待を超える価値を創出する」人材を育成する「ものづくり塾」

ものづくり塾は、エプソンが創出する「お客様価値」をこれまで以上に高めるために、基本的な技術・技能の継承に加え、ものづくりの具体的な仕事のステップを実践により体感することで、幅広く多面的に業務を遂行できるような人材の育成にも取り組んでいます。具体的には、製品を構成するさまざまなパーツを自らの技術で作り上げるための部品加工技術(成形・プレス)の基礎や、製造ラインの高効率化を目指すために必要な技術(省人化・自動化など)を体得させる教育を行っています。

また、地域・社会貢献として地域企業の新入社員実践研修、中学生・高校生の企業体験、技能体験授業の指導や厚生労働省からの要請を受けた海外の技能評価システム構築のODA(政府開発援助)への専門家派遣も行っています。

「省人化ラインの構築・維持・向上」に向けたメカトロニクス研修の展開

従来、製造現場では、装置化・治具化などによる生産性改善活動を進めてきていますが、近年、急激な賃金上昇や製造離れによる労働力確保が困難になるといった環境変化が起きています。安価で豊富な労働力に頼るものづくりを前提とした従来のような改善の繰り返しでは、生き残れなくなってしまいます。そこで、できるだけ人手に頼らずに、安定的に生産ができる製造ラインの構築を実現するための取り組みを強く推し進めています。

ものづくり塾では、生産ラインを支える技術者育成の各種研修を年間約100回開催しています。装置作りに必要な機械製図・計測を始め、機械加工技能を習得する研修を行っています。また、省人化、自動化を推進する技術者を養成するための圧空・電気制御や装置組立・調整の基本など要素技術を学ぶ「メカトロニクス基礎研修」や、さらに実践的な技術・技能を習得するための「FAロボット研修」、「画像処理研修」、「メカトロニクス実践研修」といったカリキュラムを用意し、社員の学ぶ場と機会を提供しています。

国内の工機技術者、保全技術者の育成はもちろんのこと、主要製造拠点である海外現地法人に出向き、国内研修プログラムを基に海外現地法人の製造・工機保全のリーダークラスの育成を展開しています。

海外現地法人技能者の育成(フィリピン)

メカトロニクス実践研修

技能五輪を活用した若手技能者の育成

ものづくり企業であるエプソンは、製造に必要な知識・技能を早期に身につけた「尖った技能者*1」を育成するため、技能五輪訓練を活用しています。技能五輪に訓練生が挑戦できるのは1回を基本とし、短期集中訓練で全国レベルの技能習得を目指すものです。出場種目は、実業務に応用可能な「精密機器組立て」「抜き型」「メカトロニクス」「電子機器組立て」「ウェブデザイン」「ITネットワークシステム管理」「時計修理」の7職種を選択し、毎年10~15人が全国大会へ出場しています。

技能五輪訓練生としてものづくり塾に配属された新入社員は、やすりがけ・鋸刃切断などで「ものづくり」の基本を体感するとともに、各職種別に機械・電気などの基礎知識を学びます。訓練は日常実施される職種別訓練と合わせ、40kmマラソン・座談会・目標設定などを行う合宿訓練を年3回行い、チームとして連帯感の醸成を図っています。

また、全国大会を想定し、技能五輪に参加する他企業との合同訓練会の実施や「機械加工技能士」「電子機器組立て技能士」「ウェブデザイン技能士」「時計修理技能士」などの国家資格取得も盛んに行っています。技能五輪訓練終了後、五輪訓練で培った基礎技能から商品づくりのための技能にシフトすべく応用訓練を実施し、事業部へ配転されます。受け入れ先からは、期待を超える活躍に高い評価を得ています。

日々の訓練

第54回技能五輪全国大会(山形大会)

*1 前例を突き破り革新的な技術やシステムを生み出す能力を持った技能者

技能五輪全国大会で、エプソンの選手5職種7名が入賞!

2016年10月21日から24日(4日間)にかけて、山形県で第54回技能五輪全国大会が行われました。エプソングループからは6職種に13名が出場し、精密機器組立て、抜き型、電子機器組立て、ウェブデザイン、時計修理の5職種で7名が入賞しました。

エプソンは、次世代育成の観点で、1971年から技能五輪全国大会に参加しています。短期間で国内トップレベルの技能を身に付けるため、若手技能者はベテラン社員の指導の下、基礎から学び日々の訓練に励んでいます。そして技能五輪の訓練終了後には、訓練を通じて培った高い技能や精神力を、仕事に向かう姿勢とともに各職場において実践し業務に貢献しており、職場からは、「期待を超える活躍をしてくれる」と、高い評価を得ています。

エプソンではこうした競技会への参加を通じ、ベテランからの技能継承や、個人のモチベーション向上に結び付け、世界に通用する人材の育成を今後も続けます。

受賞一覧:

■精密機器組立て職種

  • 銅賞 井上 優太
  • 銅賞 松本 伊吹

■抜き型職種

  • 金賞 宮坂 逸仁

■電子機器組立て職種

  • 敢闘賞 上川 直輝

■ウェブデザイン職種

  • 金賞 佐野 梓

■時計修理職種

  • 金賞 澁井 智行
  • 銀賞 平谷 朱菜

なお「第54回技能五輪全国大会」は技能五輪国際大会の選考を兼ねており、金賞を受賞した宮坂と佐野は、2017年10月にアラブ首長国連邦で開催される「第44回技能五輪国際大会」の出場権を獲得しました。

2016年度教育実績データ

主なeラーニング(国内)

階層別研修受講実績(国内)