環境活動

2025年に目指す姿

2025年に目指す姿

長期ビジョン Epson 25 環境ステートメント

革新的な「省・小・精の技術」で、商品・サービスのライフサイクルにわたる環境負荷低減をお客様価値として提供し、持続的な発展をもたらす

エプソンは、商品の環境性能の向上や製造・輸送・販売活動などの事業活動において、さらに環境負荷低減を進めてまいります。また、エプソンの独創の商品で、従来とは異なる業務プロセスをお客様に提案し、環境負荷を低減しながら経済発展をしていただくことで、お客様とともに地球環境保全に貢献します。

長期ビジョン Epson 25はこちら

長期ビジョン SE15中期環境活動方針の振り返り

<総括>

エプソンは2010年に制定したSE15中期環境活動方針に基づき事業活動を積極的に展開し、省エネ・省資源化などの商品そのものの環境負荷低減目標を達成するとともに、お客様のビジネスを快適にしながら環境負荷低減につながる、新たな視点の商品・サービスの市場投入という目標を達成しました。また、生産という切り口では、省エネや水使用量などの削減につながる施策を着実に実施し、グループ全体の環境負荷の低減目標を達成しました。一方、環境ビジョン2050達成のためには、製販一体となってお客様のもとでの環境負荷低減活動を強化していかなければならないという課題が明確になりました。

<成果>

新たな視点 お客様の行動やビジネスを変革する商品やサービスとして、インクジェットデジタル捺染機や大容量インクパックシステムを搭載したビジネスインクジェットプリンターの市場投入
商品 徹底的な小型化、省エネを実現したプリンターや長寿命化を実現したレーザー光源プロジェクターなどの環境配慮型商品を提供
生産 グループ全体のCO2排出量の削減目標を達成
2006年度比43%削減(目標値:35%)
環境コミュニティー エプソンの商品・技術を生かした環境地域貢献や環境教育を各地域で実施

<課題>

  • お客様・社会ニーズ分析の深化
  • 新規領域を含めた環境価値創造と提供

2015年に目指す姿

新たな視点

商品自体の環境負荷低減にとどまらない、お客様の行動やビジネスを変える「新しい商品」「サービス」「機能」「使い方」を実現し、環境負荷を低減します。

商品

「小型軽量」「省エネ」「循環・長寿命化」を通じ、お客様満足を実現する魅力ある商品でライフサイクル環境負荷を半減します。

生産

「総原価低減活動」「品質向上活動」と連携し、商品の環境負荷低減を下支えする高効率・低環境負荷な生産工程を実現します。

環境コミュニティー

商品・サービスを核とした環境コミュニティー活動を展開し、社会・経済の新しい持続可能性の実現に挑戦します。

「新たな視点」について

私たちはお客様のもとで発生する環境負荷を劇的に低減する革新的な商品やサービスの創出・提供を「新たな視点」として定義し活動しています。そして、この「新たな視点」の活動こそ、メーカーであるエプソンに求められていることであり、これから強化していくべきであると考えています。

環境パフォーマンス

2016年度環境パフォーマンス詳細はこちら